審査 落ちてしまったら

もしも審査に落ちてしまったら

 

焦る

クレジットカードの審査に落ちると動揺します。
すぐにでもカードが必要なときなどは、焦って次から次へと申し込みをするというひともいるかもしれません。
果たして大丈夫なのでしょうか。

 

 

短期間に申し込みを繰り返すのはNG

 

審査に通らなかったからといって、もう一度同じ会社に申し込む、他のクレジットカードに申し込むということをしても、おそらく結果は同じで審査には通らないことでしょう。

 

クレジットカードの申し込みをすると個人信用情報に申し込みをした情報が登録されます。
審査に落ちると契約情報が残らないため、審査に落ちたということが分かってしまいます。
2回目以降に申し込んだカード会社は、そのひとを他社から断られたひとと判断し、おのずと審査基準も厳しくなってしまうのです。
審査に落ちたからといって焦ってすぐに申し込みをしてしまうのは、やめておく方が賢明です。

 

 

最低6か月あけて申し込み

 

カレンダー

個人信用情報にクレジットカードの申し込み情報が登録されるのは、およそ6か月間です。

 

すぐにでもクレジットカードが必要という事情がなければ、最低6か月は間をおいて申し込みをするようにしてください。
本当に申し込み情報が消えたのかどうかを確認したいという場合は、個人信用情報機関に開示請求をしてみると良いでしょう。

 

信用情報機関

主な会員

開示請求

CIC(株式会社シー・アイ・シー) クレジット会社・信販会社 インターネット・郵送・窓口での申し込み(手数料500〜1000円)
JICC(日本信用情報機構) 消費者金融・信販会社 インターネット・郵送・窓口での申し込み(手数料500〜1000円)
JBA(全国銀行個人信用情報センター) 銀行・銀行系のカード会社 郵送による申し込み(手数料1000円)

 

 

6か月あけてから申し込みをするときも、できれば最初に申し込みをしたカード会社ではないほうが現実的です。
個人信用情報の申し込み記録が消えたとしても、カード会社のデータには残っています。

 

もしも、どうしても同じカードじゃないと嫌だというひとは、年収をあげるなどの努力が必要になってきます。